するっ茶の飲み方はスプーン1杯?2杯?販売元に問い合わせてみた!

するっ茶は最近話題のダイエットに効果のあるお茶です。
タレントの鈴木亜美さんもおすすめしていて、「痩せた」という口コミも多いですね。

そんな痩せる効果が魅力のするっ茶を早速買ってみたところ、飲み方に「あれ?」という疑問が。

さっそく販売店のモテラブさんに問い合わせてみましたよ~。

するっ茶の公式サイトにある飲み方

するっ茶の公式サイトには「付属のスプーン2杯分を水またはお湯で溶かして飲む」と書いてあります。

この画像にもそうかいてありますね。

付属のスプーン1杯分が5グラムですので、10グラムのするっ茶の粉末を、水またはお湯200ccで溶かして飲むということですね。
味とかを調整するために水やお湯を調整しても、するっ茶の摂取量は10グラムで変わらないですね。

するっ茶を買ってパッケージを見たら裏面に飲み方が書いてあります。

実際に購入するとわかるのですが、するっ茶のパッケージには一日に摂取する量はスプーン1杯分の5グラムが適量と表記されています。

これってどちらが正しいんでしょう。迷ってしまいますよね。
そこで販売店のモテラブさんに電話して聞いてみました。

するっ茶の販売店であるモテラブさんに問い合わせて正しい飲み方を聞いてみました。

結果は、商品のパッケージに書かれているのが最新なので、パッケージの表記通りでお願いしますとのことでした。

なので飲むときはスプーン1杯のするっ茶5グラムを、100ccの水またはお湯で溶かして飲むのが正しいみたいです。
一日の摂取量が5グラムなので、これを守って下さいとも書かれていますね。

摂りすぎるとお腹が緩くなったりしますので注意が必要です。

ここで紛らわしいのは、「濃さはお好みで調整して下さい」と書かれていることです。これは飲むのに濃いので飲みにくいなら水を増やして味を薄くし、薄い場合は逆に減らして濃くするということです。
するっ茶の粉末を調整するという意味ではないので勘違いしないようにしましょうね。
一日のするっ茶の摂取量を5グラムにするということですね。

どうしてホームページと実際の商品で異なる表記になったのかは、成分の調整を行って新しくなっているということでした。
なので、パーッケージは新しくなっているが、ホームページの方は古いままでまだ新しくなっていないとのだとか。

「混乱させてしまって申し訳ありません。早急に対応します」とのことでした。

購入された方も、今から購入する方もパッケージに記載の摂取量を守って下さいね。

注意書きにもありますが、キャンドルブッシュという成分の下剤効果が高いので、取りすぎるとお腹が緩くなってしまう可能性があるんですね。

キャンドルブッシュはいろいろな商品に使われている成分ですので、摂取量を守って正しく飲んでいれば大丈夫ですね。、

口コミに多いするっ茶のお腹がゆるくなる原因は飲み方だった?

するっ茶に関する口コミで多いのが、「お腹が緩くなり過ぎた」というもの。
これってやっぱり飲み方の誤解からきているんじゃないかと思いますね。

パッケージの裏の注意書きにもありますが、一日の摂取量を超えて飲んだ場合、下痢などの症状がでることがありますと書いてありますからね。

まとめ

するっ茶のダイエット効果を得るには、「一日の摂取量を守って続けて飲む」ということです。
きちんと摂取量を守っていれば、お腹が緩くなるなどの心配はありませんしね。

杜仲茶や黒烏龍茶などの体にいい成分で作られていますので、安心なダイエットができるのですが、正しく実践することが効果を得るには大切ですね。