するっ茶の飲み方が間違ってる?水に溶けないは嘘!美味しく飲むコツは?

するっ茶の口コミを見ていると、飲み方が間違っていると思うものがあります。
正しい飲み方で続けないとやっぱり効果に違いがでますよね。

実際にするっ茶を飲んだレビューと、正しい飲み方について検証しますね。

するっ茶の口コミに多い飲み方は?

するっ茶の口コミには
「なかなか水に溶けにくい」
「水に溶けないのでお湯で作るのがおすすめ」
といった体験談があります。

忙しい時にお湯で作るのって案外めんどうですよね。
本当に水では溶けにくいのか作ってみますね。

するっ茶は水に溶けにくいって本当?実際に作ってみたよ。

では、実際にするっ茶を作っていきます。
そんなにおおごとではないので簡単にできると思いますが、そんなに溶けにくいんでしょうかね。

ではまずするっ茶をコップにスプーン1杯分入れます。スプーンはするっ茶を開封すると入ってます。このスプーン1杯でちょうど一日の摂取量の5グラムですね。

こんな感じです。ちょっとダマになっているように見えます。これをかき混ぜてとかしていくんですが、スプーンなどでただくるくるかき混ぜているだけでは溶けませんね。

では本当に溶けにくいんでしょうか。
そんなことはありません。簡単に溶かすにはちょっとしたコツがあります。
別に難しいことではないです。水を注いだ時にできるするっ茶の粉末のダマになったものを、スプーンの腹でつぶすようにしてかき混ぜるだけです。

こんな感じで溶けますね。見た目の色合いはさておき、ちょっと混ぜるのを工夫すれば、このように簡単に溶けますよ。

するっ茶を飲んでみた

では作ったするっ茶を実際に飲んでみた感想です。

見た目はなんかとても苦そうに見えますね。ちょっと飲むのに戸惑ってしまいます。

しかし飲んでみると・・・

見た目とは違いそんなに癖もなく飲めました。もちろん甘くて美味しいということはありません。
でも苦さもなくこれなら毎日飲んでも大丈夫な味ですよ。

するっ茶を作るときに注意することとは?

するっ茶を実際に作って飲み方を検証してきたのですが、ここで一つ注意することがあります。

するっ茶の販売サイトや口コミ情報などには、するっ茶を作る時は、スプーン2杯のするっ茶を200ccの水かお湯で溶かして飲むと書いてあります。

しかし実際に買ってみるとわかるのですが、パッケージの裏面にはスプーン1杯を100ccの水またはお湯で溶かして飲むようにと飲み方が記載されています。

これ間違ってしまいますよね。

そこで販売店のモテラブさんに電話で確認してみました。
そしたら成分の調整を行い改良をしたそうなんです。それで飲み方もパッケージ記載のスプーン1杯を100ccの水またはお湯で溶かす飲み方に変わったんだそうです。

販売ページを修正するのがまだみたいなんですね。
電話で確認をしたので間違いありません。今から購入される方やこのページを見た方は飲み方を間違えずにしてくださいね。

まとめ

するっ茶の飲み方について検証しました。
やり方を工夫すれば水でも溶けにくいことはありません。

また見た目ほど苦い味でもないので毎日飲み続けられます。

作るときはパッケージの裏面に記載されている正しい飲み方でやってください。効果を得るためには正しい方法で続けることが大切ですね。