するっ茶の痩せる効果は本当なの?成分の秘密を徹底解説!

するっ茶っが痩せると話題になっていますが、本当に痩せる効果があるのか?って気になりますね。
お茶を飲むだけで痩せることができれば簡単ですし、とても嬉しいですからね。
その間単に痩せると口コミでも評判のするっ茶の痩せ効果は、その成分に秘密があります。

主な成分としては、杜仲茶、黒烏龍茶、こんにゃく芋、ショウガの4種類です。とても効果がありそうですね。
それぞれの特徴とか、どんな効果があるのかとか検証しますので、参考にして下さいね。

するっ茶の原料である杜仲茶には脂肪を分解、排出する効果があります。

杜仲の茶畑

するっ茶には杜仲茶が原料として配合されています。
杜仲茶は健康維持の期待が持てるお茶で、「ノンカフェインなので睡眠を妨げるというデメリットはありません」と公式サイトには記載があります。

杜仲茶の主な特徴は何と言っても脂肪を分解して排出する効果があることです。
これはコレステロールの吸収を抑制して内臓脂肪を落としてくれる作用が杜仲茶にはあることからきています。
また腸を活性化させて便秘解消をする効果も期待できます。

さらにはゲニポシド酸が含まれていることで、利尿作用でむくみを解消する効果や血行促進作用で冷えを解消してくれる効果、さらに代謝をアップさせる効果があります。

グッタぺルカという聞きなれない成分には、脂肪の排出を促進する働きがあります。

他に含まれている成分には、ミネラル・ カリウム・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・鉄分等があります。

黒烏龍茶には脂肪の吸収を抑える効果があります。


黒烏龍茶もするっ茶に含まれているダイエット効果のある原料の主なものです。
黒烏龍茶がダイエットにいいというのはあまりにも有名な話で、多くの方が意識して取っている飲料の一つですね。

効果としては、脂肪の吸収を抑制する効果や脂肪が付きにくい身体に導く効果があります。

特徴としては、食事と一緒に取ることで血液中に存在する中性脂肪の上昇を約20%も抑える事が出来ると言われています。

黒烏龍茶はその日の脂肪吸収を抑え、太りにくい体を作り上げるというとても優れたお茶なんですね。人気があるのがわかりますね。

こんにゃく芋は食物繊維が豊富な健康食品です。

こんにゃく芋

こんにゃく芋にはグルコマンナンが含まれており、水溶性で食物繊維が豊富です。

食べると胃の中で膨張するので、実際に食べた以上の満腹感が得られます。食べ過ぎ防止には良い食物ですね。

また、低カロリーで食物繊維が豊富なこんにゃく芋は、便秘解消の効果もあり、ダイエット中にはとてもありがたい食物です。

ショウガには発汗作用や殺菌作用があります。


ショウガはとても優れた食材で、様々な効果効能があります。

ショウガには辛味成分のジンゲロールが含まれています。このジンゲロールは加熱すると減少します。そして、加熱することで増えるのがショウガオールになります。

厳密にはこの二つは違うのですが、主な効果としては、血行促進、体温上昇があり胃を助ける働きがあるので、消化に良い食べ物です。

さらに脂肪燃焼効果もあります。発汗作用が促されることで老廃物を排出する働きが活発になり代謝UPに繋がります。

殺菌作用があるのも有名で、お寿司にガリが添えられていたりするのもこの効果からきています。ピロリ菌除去にも効果があり胃がんのリスクが抑えられます。

その他するっ茶に含まれる成分

するっ茶にはほかにも植物発酵成分が多く含まれています。その主なものです。

大豆・りんご・オレンジ・キウイフルーツ・バナナ・カシューナッツ・ゴマ成分
ビタミンC ビタミンA ナイアシン ビタミンB2 ビタミンB1 ビタミンB6 ビタミンA 葉酸 ビタミンD ビタミンB12

植物発酵成分とは、野菜や果物、穀類などを長時間かけて発酵、熟成させたものです。
この植物発酵成分には酵素が多く含まれています。酵素には新陳代謝を良くする効果や、デトックス効果があります。

野菜などから摂取するのは非常に多くの量を取らないといけないので、サプリメントなどで摂るのが簡単ですね。
その植物発酵成分がする茶には含まれていますので、痩せる効果があるんですね。

まとめ

するっ茶はダイエット効果はもちろんですが、デトックス効果があることから美容効果もあります。

副作用などが心配されますが、安全性が高い天然成分で作られています。
ダイエットしている人には嬉しい燃焼サポート成分多数配合されており、効果があったという口コミも多く寄せられています。

ネットで痩せると話題のするっ茶であなたも美ボディへ!